振り返りは大切

この画像は、2004年にインターネットで受注したリフォームの提案図面です。

13年も経ってるんですね~

なんでこの図を持ってきたかというと。
そのころどんな仕事をしてたかな?と、今夜は振り返っていました。

一つの石のリフォームに対して、沢山のパターンを描く。
腕の傾き、太さ、丸み。
ご依頼主さまのお好みと、自分がバランスが良いと感じるものを一致させる為に。
ほんの少しの違いでも数パターンは描いてました。

メール中心の打合せでしたので、
説明も細かく丁寧だったように思います。
文章も、誤解の無いように、よく読み返しました。
ひとこと付け足す。気持を添えたり、注意を促したり、
つまりは石の取り扱い方やお手入れの仕方などにも気を配れていた。と思います。

最近はSNSやメッセンジャーで回答が早いので、短文で書く事が増えました。
その分、ちょっと情報説明が足りなくなった気がします。

今年、社団法人日本ジュエリー協会のコーディネーター資格(3級)を復活手続きをしました。、
以前2級も2科目受験でパスしていたのですが諸事情あり3科目めを受験せずに資格を喪失していたので
今年は勉強し直して受験しようかと思っています。
接客から遠のいたせいか、色々な面で鈍くなってきたように感じるのです。
経年の慣れも怖いですね。

新たな情報収集と、信用できる情報の提供は、やはり日頃からの注意が必要。
気を引きしめる為にも、良い機会になりそうです。

関連記事