タンザナイトとバイカラーサファイアのペンダントトップ

兵庫県のF様のご依頼です。

お手持ちの宝石たちをいくつか預けて頂いている中から、色々な組み合わせでデザイン画をお描きしました。
その中から、タンザナイトとバイカラーサファイヤを組み合わせて描いたものをお選び頂き、製作に入りました。

K18WG_sapha_PH_wax

K18WG_sapha_PH_wax

バイカラーサファイアとは、一つの石に二つのカラーが入っているサファイヤです。
今回の石は、イエローとブルーが見えます。

「バイカラー」は、サファイヤだけでなく、色々な宝石にもあります。
トルマリン(ピンク&グリーン)や、アメトリン(アメシスト&シトリン)は見かける方も多いと思います。
1石の石の中に2色の色が見える状態になったものを指す言葉で、結晶の成分に起因する楽しい状態です。
全体の縦幅がおよそ19mm。
ホワイトゴールドで制作します。

K18WG_sapha_PH_cast

K18WG_sapha_PH_cast

この鋳造後のK18WGはロジウムメッキ前の状態なので、黄味がかっています。
ホワイトゴールドは一般的に黄色味を帯びていて、画像のような色味。
近年、様々な研究開発により、黄味のないホワイトゴールドもありますが、
指輪などで変色した?と言われるのはロジウムが剥がれてしまった理由によるものです。
この色味は、パラジウム10%のホワイトゴールドの色です。

K18WG_1bycolorsaphire_1tanza_PH

K18WG_1bycolorsaphire_1tanza_PH

石留め、ロジウムメッキを経て、完成致しました。
クールな色の中に、暖かい黄色が入ることで、優しい雰囲気になりましたよ。

チェーンは、お預かり品をそのまま使いました。

※2009年のご依頼からピックアップし、加筆修正してご紹介しています。

About the Author:

ジュエリーデザイナー&WAXクリエイター atelier Cham 主宰 鉱物&宝石大好き。(*^-^*)

Leave A Comment